FC2ブログ

記事一覧

ゲーム

少し前までgamedesignのナンクロを一日3回やるのが日課だった。
ところがアドビのフラッシュのサービスが止まってしまったのでゲームができなくなった。

ヤフーで検索すると無料ゲームが沢山出てくる。
ナンクロも継続しているけれど、漢字ナンクロというのがあって、ハマってしまった。
「超級」というのが一番難しいはずなのだけれど、一問2、3分でできるのでやめるきっかけがなかなかつかめない。けっきょくズルズルと継続することになり、3日間くらいで「超級」を制覇。

21030101.jpg

知らなかった四字熟語が多数判明。

下地中分(鎌倉時代の土地の権利分割の用語)
社寺上地(明治時代の社寺の境内以外の用地を政府が没収したこと)

などは、私が大学受験で世界史と地理を選んだので日本史の知識が弱いのだよね。

米点山水(筆を横にして描く手法の山水画)
女人高野(女性の参詣を認めた和歌山県の慈尊院、奈良県の室生寺)

などは、関西の博物館に勤めていたのに不明であった。

樹下石上(出家行脚する仏教の修行者の境遇)
魚目燕石(外観は似ているが全く違う)

なども教養不足かもな。知らなかった。

でもこんな言葉、たとえばスピーチで言ったとしても、解説しなければ多くの人には理解不能だろうね。

というわけで、ゲームをしながら私としてはやや教養を深めたわけですが、基本的にはゲームは何の役にも立たない、全くの時間の無駄ということを本当は主張したかったのです。

世の中にはいわゆるゲームに全く興味を示さない人たちがいる。それはそれで立派。
けど、多くの子供たちはゲーム機や最近ではスマホのゲームに夢中。
適度に頭や指先の器用さを駆使して一定の達成感が味わえるからなのですよね。
けど、ゲームのクリエイターならともかく、プレイヤーはそのこと自体、全く社会的に役に立たない。むしろ「ゲーム脳」のような弊害がある。
やめた方がいいよね、というまともな議論はいつか別の機会に。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しんと

Author:しんと
東京都北区のかたすみから