FC2ブログ

記事一覧

石神井川

本日は10週に1度の通院の日。採尿採血を済ませた後、結果が出るまで待たなければならないので自転車で石神井川沿岸を。この赤い実は、ピラカンサスといわれるもので、何種類かあるものの総称のようですが、この実が落ちて、全部発芽したらえらいことになりますね。石神井川に浮かぶオナガガモのつがい?のんびり秋の日差しを浴びています。春に水が暖かくなると「水ぬるむ」といいますが、秋はなんというのかな。まだ水はそれほ...

続きを読む

浅草

本日昼食後、天気が回復しそうなので浅草へ散歩。相変わらず革靴のままです。吾妻橋のふもと。もっとも浅草らしい風景ですね・・・。交差点をぐるっと時計回り。東武鉄道の駅ビルは松屋になっているのですが、実にまだ利用したことがありません。神谷バーの前を通って雷門。人力車の車夫たちが手持無沙汰そうにしています。雷門では和服を着た女性が写真を撮り合っています。少し前まではこの辺りで和服を着た女性は圧倒的に黄色い...

続きを読む

エネルギー代謝

本日も女房はテニスなので昼食は一人。外食することに。思えば私が学生の頃は我が十条には飲み屋さんがあっても、まともな食い屋さんが少なかった。母親と喧嘩して家庭内ハンスト(といっても、断食するわけではなく、お母ちゃんの作った食べ物なんか食べないぞ宣言)して、外食しようとしてもキャロットとかいう洋食屋さんがあるだけで、仕方なくパン屋で食パンを買って牛乳で流し込んでいたっけ。いまやご近所にまともなラーメン...

続きを読む

肌色

これは昨日夕飯に出てきた鯛?の刺身。肌色の他に表面が青緑に光っている部分があります。調べてみると、これはビリベルジンという赤血球が分解した物質で、刺身の鮮度とは関係ないらしい。これを見ると常に思い出すのは、ルノワールとか、印象派の画家が描く裸婦の肌に時々緑色が混ざっているのですね。人間の肌に緑色が出てくるわけはないので(静脈とか、青だったらわかりますが)、白い肌を強調する隠し味のような技法なのです...

続きを読む

新宿御苑

本日天気がいまいちなので、先日快晴の日曜日に訪問した新宿御苑の写真。日曜日なので家族連れ、カップルなどで賑わっていました。紅葉もごく一部、天辺で進んでいます。ここは外国人がよくカメラを構えているスポット。日本の庭園美とモダンなビルの対比。バラ園は思ったより貧弱。我が家のラバグルートもそうですが、8月の高温続きで葉が落ちてしまって元気がありません。春はあれだけ豪勢な房咲きだったのだけれど。比較的よく...

続きを読む

雲吞

本日女房はお出かけなので、昼食は自分で何とかしなくてはなりません。例によってOKで求めた冷凍パスタとイタリア産の赤ワイン。正面ではNHKの代表質問。いやいや、近年ますます言葉と論理がないがしろにされていますね。枝野の質問は思ったより要領を得ていて、立憲民主の宣伝もちゃっかり。学術会議について菅総理の答弁は、「総合的・俯瞰(ふかん)的な活動、すなわち、専門分野にとらわれない広い視野にたってバランスの...

続きを読む

コミンテルン

先日宮本輝の「オレンジの壺」を読んで、フィクションではなく、第一次大戦と第二次大戦の間の日本のスパイ活動はどうだったかな、という興味から、図書館から借りて読んだ本。この著者の本を読んだのは初めて。タイトルが「コミンテルンの謀略」なので、杉田水脈が保育所や学童がコミンテルンや共産党の陰謀だ、などと時代錯誤のことをいっているのと同様、著者はコテコテの右翼かと思ったら、そうではありませんでした。けれど、...

続きを読む

withコロナ

本日インフルエンザの予防接種をしたので散歩も控えめ。例年だと2500円の自己負担額があるのですが、今年は無料です(北区の補助)。ありがたいことです。平日でも商店街はそれなりの人出。マスクが安くなっています。マスクの値段が下がったのはアベノマスク効果だと言っていた人がいましたね。先日豪徳寺を訪れた際に、「日本国内産」のマスクが50枚入り1800円+税で売っていたけど、十条では買う人がいないだろうな。...

続きを読む

富士塚

本日朝から快晴だったので、ふらふらっと新宿御苑へ。いつもの千駄ヶ谷で降りてバラを見て、温室を見て、ジュウガツザクラを見て、新宿の大ガードまで来たのですが、先週の読売新聞日曜版に新宿にある富士塚の記事が載っていたのを思い出して俄然そこを訪問する気分に。場所はうろ覚えだったのですが、ほぼ正確にここに到着しました。この辺りはいままで来たことがない。成子天神社。こんなところに天神さまがあったのですね。(職...

続きを読む

オレンジの壺

図書館であまり時間がない中、なんとなく借りてきた本。久しぶりの宮本輝です。主人公は小さな輸入商社で成功した家の末娘。何の面白みもない女、石のような女といわれて結婚生活1年で破綻した主人公が、父親から2千万円の小切手を渡されて、なにか好きな事業をやってみろ、と言われる。いい御身分ですね。羨ましい。ひょんなことから父方の祖父が遺言で主人公に残した日記を読むと、そこには祖父が第一次と第二次大戦の間にヨー...

続きを読む

インセクトホテル

先日砧公園から千歳船橋まで歩いた時に、環8沿いに大きな緑のスペースがあって、中に入れそうだったのでお邪魔しました。「桜丘すみれば自然庭園」は元々商人の邸宅を世田谷区が買い上げた公園らしい。この「インセクトホテル」孫とみていた「おさるのジョージ」のカメムシが出てくる回で、ジョージがカメムシのために造った住みかにそっくり。孫がいなければ、「おさるのジョージ」などという番組は絶対見なかったはず。でも、み...

続きを読む

プロフィール

しんと

Author:しんと
東京都北区のかたすみから