FC2ブログ

記事一覧

大晦日

みそか、とは三十日なので、月末を意味するのですが、おおみそかは年末です。ただし、太陽暦では31日ですね。小4まで商店街で育ったので、大晦日の商店街の雑然とした雰囲気が大好きです。昔は銀行も31日までやっていた記憶があります。我が十条銀座のこの辺り、昔はアメ横みたいに人がごちゃごちゃしていたのですが、最近はそれほどでもありません。本日目についたのは、店頭でエビ天を売っている店がたくさんあったこと。大...

続きを読む

人魚の眠る家

娘が購入した文庫本を借りて読みました。脳死や臓器移植を扱った小説でミステリーではありません。帯にあるように最近封切りされた映画にもなっています。人が死ぬとはどういうことか?親のエゴはどこまで許されるか?親が子供にしてあげられることは何か?など、様々な問題を提起しています。作者の問題意識と主張は首肯できるもの。それにしても、東野圭吾って、守備範囲が広いね。工学部出身なので理系マインドもあり、ここに出...

続きを読む

満身創痍

孫が今日から3日間、娘の連れ合いの実家に行っているので、我が家は文字通り「火の消えた」状態です。とても静か。サブで使っている私のモバイルパソコン、充電中にアダプターのケーブルに足をひっかけて、椅子から落としてしまいました。椅子の高さから落としたのはこれで4度目です。我ながら懲りないですね。液晶画面の前の枠が完全に外れてしまって、液晶の裏もプラスティックに2か所亀裂が走っています。枠をはめなおして、...

続きを読む

バイリンガル

一時帰国中の孫は普段はカンボジアの首都プノンペンに住んでいます。2歳半なのに、現地の英語のプリスクールに通っているので、時々英語が出てきます。2日に1回、ジジと一緒に風呂に入るのですが、髪の毛と顔を洗うのをとても嫌がります。「no head」か「no hair」かわかりませんが、「のーへー」「のーめめ」と叫んで、首から上にシャワーをかけようとすると泣き出します。食事中とか遊んでいる途中、「もっと」という意味で、...

続きを読む

孫との生活

クリスマスの日の朝。サンタの袋から出したプレゼントを寝ぼけ眼で取り出しています。まだ、サンタさんがくれた、という話をしても、よく理解できていないようです。なので、買ったおもちゃも時間を持たせるために小出しに。近くの公園までジジと2人で出かけました。小さな滑り台も、階段が高いので無理かと思ったら。一人でどんどん登って行って、無限ループです。いくら帰ろうと言っても、no。最後はアンパンマンをやろう、と言...

続きを読む

孫の眼

私のカメラは今4台ありますが、一番古いカメラはキャノンのコンデジIXY130。かなりキズだらけで、孫のおもちゃ用に渡したら、さすがにまだ望遠の操作を覚えていないので、常にワイド側で自分で写真を撮ります。「ブーブのしゃしん」これは自分の足元ですね。ペット医院の前に置いてある犬の像。こちらはややまとも。「にゃんのしゃしん」ですね。なにしろアングルが低い。「おっきいすいすいいーっぱい」すいすいとは魚全般...

続きを読む

イブの商店街

昨日夕刻、孫が昼寝中に一人で近所の商店街へ。十条銀座入り口のコージーコーナー。まさにケーキの書き入れ時。鳥大はいつにもまして長い列。外国でイブに七面鳥を食べるという話は聞きますが、なぜ鳥をたべるようになったんでしたっけ?便利屋のおじさんの屋台もクリスマス仕様。激安屋さんは、もはや正月仕様ですね。...

続きを読む

クリスマスイブ

昨日はクリスマスイブだったのですが、我ら夫婦と一時帰国中の娘と孫で池袋東武デパートに買い出しに。東武デパートのおもちゃ売り場で孫のクリスマスプレゼント、ユニクロでいろいろ(私は乳母車の面倒をみていたので何を買ったか感知しません)。その後娘のリクエストで高級焼肉店。昼に焼肉を食べてしまったので、例年のようにクリスマス用の鳥のもも肉はやめて、地下の鮮魚店で買い物。私は専ら荷物持ち要員。家へ帰ってきたら...

続きを読む

餅つき

午前11時から、上三町会会館前で町会の餅つき。並べば搗き立ての餅がふるまわれます。3人分貰って、これは他の2人から1個ずつ好きでないからと貰った1.5人分。ゴマとあんこときな粉と大根おろし。本日の私の昼食代わりになってしまいました。昨日の冬至の日にはカボチャの煮付けとゆず湯。縁起物ですね。こうして季節はめぐっていきます。...

続きを読む

里帰り

今早朝、プノンペンから里帰りする娘と孫を迎えに成田空港に行きました。朝6時前の京浜東北線。なんでこんなに混んでいるのでしょう。土曜日なのですが、3連休の初日。旅行客かな。日暮里駅のスカイライナー1号、6時3分発。ほぼ満員でした。飛行機は早く到着したらしいのですが、出てくるのが遅く、十分出迎えは間に合いました。無事に着きましたよ。孫が我が家にいると、生活が一変。おもちゃが部屋中に広がるどころか、これ...

続きを読む

ジヴェルニーの食卓

図書館から借りて読んだ原田マハの短編集。美しい墓(マチス)エトワール(ドガ)タンギー爺さん(セザンヌ)ジヴェルニーの食卓(モネ)の四編。いずれも実在の画家(カッコ内)に題材をとったフィクションです。著者は実際の学芸員の経験があるようなので、画家や作品に対する愛情!がひしひしと伝わってきます。登場した作品をネットで探しながら読むのも一興。(写真はネットから借用。タンギー爺さんはポール・セザンヌの話で...

続きを読む

プロフィール

しんと

Author:しんと
東京都北区のかたすみから