FC2ブログ

記事一覧

紅葉

今日は2か月に1度の定期検診の日。大学病院へ行く途中、通学途上の大学生が大勢いました(女子が多い)。病院の裏口側。気持ちよく晴れています。バス通りのソメイヨシノも紅葉しています。この樹はビルの北側にあるので朝日と夕日だけ当たるのですね。思いがけず早く検査が終わったので、昼食前に自転車でスーパーへ酒の買出しに。清水坂公園のアカシデ。シダレザクラの葉っぱは殆ど残っていません。日向ぼっこが気持ちいい季節...

続きを読む

下町ロケット2

これはたまたま日曜日に図書館から借りてきた川上未映子の「ヘヴン」。読み始めて4分の3くらいは中学校のイジメの話で、救われないなぁと、暗い気持ち。彼女の作品は芥川賞受賞作の「乳と卵」以来。いずれも、肌感覚のゾワゾワっとした現実感のある文章。児童文学ではないけれど、エーミールと比べると、何と両極端の作品でしょう。「生き方」に対する結構深い洞察があります。つまり、生きていく上での不条理とどう折り合いをつ...

続きを読む

昔と今

今週の日曜日は朝から雨で、テニスに出かけようと思っていた女房が急遽予定を変更して、いつも暮にやっていた風呂場の天井の換気扇と洗濯機の排出口周りの掃除をすると宣言。私がいないとできないので、仕方ないのですが、特に排出口付近のぬらぬらとした気持ち悪い部品を分解してお湯で洗うのはいつも私の仕事で、気分が滅入ります。宇江佐真理が亡くなって、髪結い伊三次シリーズが途切れてしまいました。我が家の本棚を見ると、...

続きを読む

冬支度

職場の人間関係。それも、自分のことでなくて、職員同士の仲が悪いと管理職たる私の責任かな。他人のことなのに、時々自分の心が折れそうになる。現世を忘れるために評判の本を一晩で読みました。予想が裏切られるストーリーで評判でしたが、そう思って読んだせいか、どちらかというと予想の範囲内。このテの話は日本作家でも既にいくつか読んだ気が。結果、余計に気分が滅入ってきました。昔ジョルジュシムノンの原書にトライしま...

続きを読む

文化の日

文化の日は晴天の特異日。その前日、本降りの雨でしたが、例年通り11月3日は晴れ上がりました。入間の航空ショーに行こうかどうか迷っていたのですが、前日夜、文庫本2冊読んでしまったので起きるのが遅く、午前中ダラダラとしていたら、タイミングを逃してしまいました。片道1時間強の距離は心理的抵抗があります。爆音が聞こえるので外に出てみると、いつもの旅客機だったりして。午後、近所の散歩。小学校の同級生が牧師を...

続きを読む

F16C

空モデルづくりはしばらく休もうと思っていたのですが、手元にF-16Cのキットがあったので、暇を見つけては少しずつシコシコと。当初はシンガポールのブラックナイツにでもしようと思いましたが、赤い機体で星と月は塗れるにしても、細部のデカールは写真などから自作しなければならず、やってやれないことはありませんが、そこまで労力をかける気がしません。そこで日和ってストレートに米空軍仕様で。まだキャノピーは着けて...

続きを読む

プロフィール

しんと

Author:しんと
東京都北区のかたすみから